コピペ

歯周病の疑い強い男性労働者は心筋梗塞の発症が約2倍という結果-東京大学大学院医学研究科
投稿日: 2014年10月20日 作成者: ikeipress
 東京大学大学院医学系研究科の野口都美客員研究員(研究当時は大学院生)および小林廉毅教授らは、歯肉出血、歯のぐらつき、口臭の3項目から歯周病の強く疑われる男性労働者は、そうでない者に比して心筋梗塞の発症が約2倍多いことを明らかにする研究結果を公表した。産業保健現場の医師らと共同して、金融保険系企業の男性労働者3,081人(36歳~59歳)を対象に、質問票を用いて歯周の状態を評価し、その後5年間の対象者の健康状態を追跡調査した。
 歯周病は、40歳以降の日本人男性において頻度の高い疾患である一方、適切なセルフケアや専門的な歯科メインテナンスで予防・改善ができるため、虚血性心疾患の新しい予防法につながる可能性があるとしている。研究は英国の医学雑誌『Journal of Public Health(10/7オンライン版)』に掲載されたという。
[PR]

by ai-top | 2014-11-02 20:34  

<< 猫ホイホイ 祝! >>